出展社による製品・技術セミナー
会場イメージ
多数の出展社が最新の製品・技術情報をセミナー形式で紹介します。
受講無料
会場:展示会特設会場
※受講希望の方は会場へ直接お越しください(事前申込 不要)
※満席になった場合は、立ち見あるいはご聴講いただけない可能性がございます。
※セミナーによっては、講演言語が日本語でない場合、通訳提供がない場合がございます。
あらかじめご了承ください。
(敬称略)※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 7月13日(水)
グローバルロジスティクスにおけるクリティカルなバイオ製品のリスク軽減とは?

CRYOPORT SYSTEMS LLC

細胞および遺伝子治療を含むバイオロジカル製品に対する要求事項達成プロセスに内在するリスクとは?

日時 7月13日 (水) 10:50 ~ 11:20
会場 3
次世代型球形凍結乾燥機のご紹介

(株) パウレック

連続的に滴下球形凍結顆粒を製し、均質かつ効率的な乾燥を行うMeridion社製凍結乾燥機の紹介とバイオ医薬品製造のためのご提案

日時 7月13日 (水) 10:50 ~ 11:20
会場 4
シオノギファーマの連続生産技術開発

シオノギファーマ (株)

今後の医薬品の開発・製造のあり方を変える先進的技術である連続生産について、シオノギファーマの取り組みを紹介します。

日時 7月13日 (水) 11:40 ~ 12:10
会場 1
IJ式錠剤印刷機OMNITOの進化、PTPシート変動情報印刷のご提案

(株) SCREENホールディングス

新型錠剤印刷機OMNITO+、PTPアルミロール印刷機BEVERSAをご紹介します。

日時 7月13日 (水) 11:40 ~ 12:10
会場 2
iGC-SEAによる表面エネルギーと溶解度パラメータの測定事例紹介

(株) 日本サイエンスコア

Surface Measurement Systems社 表面エネルギー測定装置iGC-SEAを使用した表面エネルギーとHSPの測定事例をご紹介します。

日時 7月13日 (水) 11:40 ~ 12:10
会場 3
プロセス開発から製造まで対応する新クロマトグラフィー装置のご紹介

サーモフィッシャーサイエンティフィック

さまざまなモダリティやスケールの精製に対応する新しいシングルユースクロマトグラフィー装置をご紹介します。

日時 7月13日 (水) 11:40 ~ 12:10
会場 4
RBM-007(抗FGF2アプタマー)の開発の進捗

(株) リボミック

RBM-007は多様な生理機能を持つFGF2を阻害するアプタマーである。RBM-007の臨床試験を含む開発の進捗について報告する。

日時 7月13日 (水) 12:15 ~ 12:45
会場 後日ご案内
BASFのバイオ医薬品向け添加剤のご紹介

BASFジャパン (株)

CHO細胞等の動物細胞培養に汎用されるポロキサマー188に潜むリスク、それを解決したKolliphor P188 Bioの特長等をご紹介します。

日時 7月13日 (水) 13:20 ~ 13:50
会場 4
千代田化工建設 DXでの医薬分野への新たな挑戦

千代田化工建設 (株)

製造データ活用とシミュレータ&AI連携でのデジタルツイン構築による見える化・最適化を実現し、次世代スマート工場を目指す

日時 7月13日 (水) 13:20 ~ 14:20
会場 1
次世代微生物試験:エンドトキシン・発熱性/次世代 MESのご提案

ロンザ (株)

生物原料に頼らない試験とエンドトキシン試験、そしてDiXとは!/個別化医療に対応した迅速で費用対効果が高いMESソリューション

日時 7月13日 (水) 13:20 ~ 14:20
会場 2
フレキシブルなcGMP対応設備の迅速な導入に

Cytiva(サイティバ)

mRNAや遺伝子治療など、少量多品種化が進むバイオ医薬品製造で求められるフレキシブルな製造ソリューションについて紹介します

日時 7月13日 (水) 13:20 ~ 14:20
会場 3
がんオルガノイドの最新ハイコンテントイメージング

(株) Crown Bioscience & MBL

がんオルガノイド (in vitro) やがん患者検体 (ex vivo) のハイコンテントイメージング解析例を紹介します。

日時 7月13日 (水) 14:10 ~ 14:40
会場 4
新知見と健康食品原料が毛細血管に与える影響

あっと (株)

2万人以上の毛細血管を観察してきた代表武野が、最新の知見と昨今健康食品原料が毛細血管に与える影響についてお話しします

日時 7月13日 (水) 14:30 ~ 15:00
会場 後日ご案内
連続直接打錠システムおよび製造監視技術のご紹介

(株) パウレック

連続直接打錠システムを含む当社の連続生産システムの概要と長時間の安定生産を可能にする製造監視技術のご紹介

日時 7月13日 (水) 14:40 ~ 15:40
会場 2
最新バイオ医薬品エンドツーエンドCDMOサービス(原薬~注射剤)
日時 7月13日 (水) 14:40 ~ 15:40
会場 3
抗体関連医薬品に適した味の素独自のペプチド/タンパク製造技術

味の素 (株)

味の素㈱独自の微生物分泌系ペプチド/タンパク製造技術、Corynex®およびTalamax®の最新の技術についてご紹介いたします。

日時 7月13日 (水) 15:00 ~ 15:30
会場 4
細胞培養の促進とそれに続くクロマトグラフィー製品のご紹介

レプリジェンジャパン (同)

Fed BatchとATFの組み合わせによる抗体の二倍高い生産効率実現と製造用クロマトグラフィー製品の紹介

日時 7月13日 (水) 16:00 ~ 16:30
会場 3
バイオ医薬品の受託開発製造に関する癸巳化成のスキー厶

癸巳化成 (株)

今 注目のバイオシミラー開発に向けたKSK-02試験。その進展も含み、癸巳化成の受託スキームを講演致します。

日時 7月13日 (水) 16:00 ~ 16:30
会場 4
プラノバ™BioEXを用いた高濃度ろ過によるプロセス効率の最大化

旭化成メディカル (株)

Planova™BioEXは、高濃度抗体において優れたろ過性を示し、プロセス効率の最大化が可能である。講演では高濃度事例を紹介する。

日時 7月13日 (水) 16:50 ~ 17:20
会場 3
“極微の世界に未来が映る”日本電子の計測ソリューション

日本電子 (株)

電子顕微鏡、磁気共鳴装置や質量分析計など、日本電子が提供する製品とそれらを使った受託分析サービスをご紹介いたします。

日時 7月13日 (水) 16:50 ~ 17:20
会場 4
(敬称略)※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 7月14日(木)
株式会社 日本触媒の健康・医療事業

(株) 日本触媒

日本触媒では、中分子原薬受託製造事業だけではなく、DDSなどの新規研究・技術にも取り組んでいます。

日時 7月14日 (木) 10:50 ~ 11:20
会場 3
Blockmer®とMolecutideser®による核酸合成

関東化学 (株)

核酸中間体Blockmer®及び核酸合成装置Molecutideser®、双方を組み合わせた簡便で高品質な核酸合成例を紹介

日時 7月14日 (木) 10:50 ~ 11:20
会場 4
シオノギファーマの高薬理活性医薬品の開発・製造受託サービス

シオノギファーマ (株)

最新の高薬理活性棟(固形製剤棟、注射製剤棟、原薬棟)による高薬理活性医薬品開発のワンストップソリューションを紹介します。

日時 7月14日 (木) 11:40 ~ 12:10
会場 1
バイオ医薬品に最適なガラス包装資材 EZ-Fill®

オムピジャパン (株)

医薬品との相互作用が少ないガラス資材の特徴を活かし、バイオ医薬品特有の課題解決に向けた新しい取り組みをご紹介します。

日時 7月14日 (木) 11:40 ~ 12:10
会場 2
HEK293細胞によるウイルスベクター生産のソリューション

レプリジェンジャパン (同)

遺伝子治療用ウイルスベクター生産効率を飛躍的に高めるRepligenの製品とAAVでのアプリケーション例を紹介する。

日時 7月14日 (木) 11:40 ~ 12:10
会場 3
細胞処理と遺伝子導入を閉鎖系で自動化する新しいソリューション

サーモフィッシャーサイエンティフィック

細胞製造のためにデザインされた細胞分離・洗浄・濃縮装置と、大容量に対応する遺伝子導入装置、の新製品2点をご紹介します。

日時 7月14日 (木) 11:40 ~ 12:10
会場 4
E&L試験の基本的考え方と規制要件を考慮したデザイン方法

ユーロフィン分析科学研究所 (株)

E&L試験を進めるうえで必要な基本的考え方と規制要件に合う最適なデザイン方法を紹介します。

日時 7月14日 (木) 12:30 ~ 13:00
会場 2
再生医療・バイオ医薬品製造への貢献-当社が目指す細胞培養装置

ワケンビーテック (株)

ワケンビーテックは、再生医療・バイオ医薬品製造のニーズに応えるべく、様々な細胞培養装置を揃え、皆様の健康に貢献します。

日時 7月14日 (木) 12:30 ~ 13:00
会場 3
バイオ医薬品と高度精製ポリソルベート

クローダジャパン (株)

 バイオ医薬品製剤における、高度精製ポリソルベートの利点について、不純物、安定性、酵素分解などと共に紹介します。

日時 7月14日 (木) 12:30 ~ 13:00
会場 4
バイオ医薬品製造工程の細胞除去と清澄化工程の新ソリューション

スリーエムジャパン (株)

3M™ ハーベスト RCは、クロマトグラフィー技術で CHO細胞を破砕せず、効率的に細胞除去と不純物除去を実現します。

日時 7月14日 (木) 13:20 ~ 13:50
会場 4
アイソレータの無菌移載。除染が製品品質に影響する場合の対応

(株) SKAN JAPAN

アイソレータを使用して生産活動を行う場合にエアロックで除染を行うが、もし除染が製品品質に影響を及ぼす場合には?

日時 7月14日 (木) 13:20 ~ 14:20
会場 2
オリゴ合成~精製まで、核酸医薬品製造ソリューションの提案

Cytiva(サイティバ)

核酸医薬品のプロセス開発・小規模製造に適したオリゴヌクレオチド合成装置と、Cytivaの核酸医薬品製造ソリューションを紹介

日時 7月14日 (木) 13:20 ~ 14:20
会場 3
ヒトの3次元組織モデルとハイスループットスクリーニング

セルインク (株)

3Dバイオプリンティングと3Dバイオディスペンシングは、生きた細胞とバイオマテリアルで、三次元組織モデルを作成する技術です。

日時 7月14日 (木) 13:45 ~ 14:15
会場 後日ご案内
患者由来モデルでの免疫チェックポイント阻害薬評価

(株) Crown Bioscience & MBL

免疫チェックポイント阻害剤の開発に適したオルガノイドと in vivo モデル (PDX、Syngeneic、GEMMs) の活用例を紹介します。

日時 7月14日 (木) 14:10 ~ 14:40
会場 4
メルクのニューモダリティCDMO : mRNA医薬開発・製造 編

メルク株式会社

mRNAを用いた脂質ナノ粒子製剤の初期開発から商用製造まで利用可能なCDMOサービスの概要について紹介します。

日時 7月14日 (木) 14:40 ~ 15:10
会場 3
今こそ理解する!Pharma4.0と製造現場のデジタル化施策

ビジネスエンジニアリング (株)

Pharma4.0の解説とその実現に不可欠なデータインテグリティに対応した製造管理・品質管理システム等をご紹介します。

日時 7月14日 (木) 14:40 ~ 15:40
会場 1
連続式錠剤コーティング装置CTS-PRCのご紹介

(株) パウレック

CTS-PRCを用いた新しいアプリケーション事例の紹介と、生産能力と経済性についてバッチ式装置との比較事例を報告する。

日時 7月14日 (木) 14:40 ~ 15:40
会場 2
BASFの新規コプロセス添加剤のご紹介

BASFジャパン (株)

2021年に上市した新規コプロセス添加剤であるKollitab® DC 87 Lについて製品の特長・アプリケーションデータをご紹介します。

日時 7月14日 (木) 15:00 ~ 15:30
会場 4
メルクのニューモダリティCDMO : ADC開発・製造 編

メルク株式会社

ADC及びHPAPI開発の豊富な実績を持つメルクはお客様をサポートするため製造能力を拡張しています。ぜひブースにお越しください。

日時 7月14日 (木) 15:10 ~ 15:40
会場 3
IDTの高品質かつ包括的な次世代シーケンスソリューション

Integrated DNA Technologies

xGen NGS製品群(library normalizationを含む)はお客様のシーケンスプロセスを効率化し、迅速に結果を得ることを可能にします

日時 7月14日 (木) 16:00 ~ 16:30
会場 3
バイオ医薬製造に貢献する富士フイルム和光純薬のソリューション

富士フイルム和光純薬 (株)

GMP管理された製造設備を有しておりバイオ医薬品の研究~製造にご使用いただける培地やプロセス溶液をご提供致します。

日時 7月14日 (木) 16:00 ~ 16:30
会場 4
バイオ医薬品統合プロセスへのPlanova™フィルターの活用

旭化成メディカル (株)

バイオ医薬品の効率的生産プロセスとして期待される連続プロセスに組入れるPlanova™ウィルス除去フィルターの有効性を発表する

日時 7月14日 (木) 16:50 ~ 17:20
会場 3
高収率を可能にするmRNAワクチン原薬の製造方法

(株) ダブルへリックスインターナショナル

mRNAワクチンの原薬製造の最終工程(分注、凍結、溶解)を制御することで原薬の安定性と収率を至適化した実例を紹介する。

日時 7月14日 (木) 16:50 ~ 17:20
会場 4
(敬称略)※都合によりプログラムの内容が変更になる場合もございます。あらかじめご了承ください。 7月15日(金)
CM方式を活用した医薬品工場建設のコストコントロールについて

明豊ファシリティワークス (株)

品質・コスト・スケジュールのマネジメント手法を活用しコストをコントロールした医薬品工場建設の最新事例をご紹介いたします。

日時 7月15日 (金) 10:50 ~ 11:20
会場 1
コロニーカウント自動化 モニタリング形式リアルタイムカウント

インターサイエンスジャパン (株)

モニタリング形式による菌の早期検出のメリットと、従来難しかった拡散するカビ,菌の検出精度向上を含めたScanStationのご紹介。

日時 7月15日 (金) 10:50 ~ 11:20
会場 3
高収率を可能にするmRNAワクチン原薬の製造方法

(株) ダブルへリックスインターナショナル

mRNAワクチンの原薬製造の最終工程(分注、凍結、溶解)を制御することで原薬の安定性と収率を至適化した実例を紹介する。

日時 7月15日 (金) 10:50 ~ 11:20
会場 4
医薬品製造プロセスへのインライン連続処理技術の適用

(株) ノリタケカンパニーリミテド

化学や食品業界では当たり前のインライン連続処理技術が、医薬品製造へどう適用できるか、またそのメリットをご紹介します。

日時 7月15日 (金) 11:40 ~ 12:10
会場 1
ファーミラの原薬連続生産技術開発

ファーミラ (株)

今後の医薬品の開発・製造のあり方を変える先進的技術である連続生産を活用した、医薬品原薬・中間体のCDMO事業を紹介します。

日時 7月15日 (金) 11:40 ~ 12:10
会場 2
Zaiput社液-液セパレータ 膜分離で低コストかつ持続的な抽出分離

(株) 日本サイエンスコア

膜分離法を用いたZaiput社の革新的なセパレータのご紹介です。
フローからバッチへの応用やその利点についてご説明します。

日時 7月15日 (金) 11:40 ~ 12:10
会場 3
閉鎖系シングルユース遠心分離バッグシステムCentriPAK BPCのご紹介

サーモフィッシャーサイエンティフィック

バイオ医薬品製造における回収・分離・精製プロセスで革新的な価値を提供する新しいバッチ遠心分離システムをご紹介します。

日時 7月15日 (金) 11:40 ~ 12:10
会場 4
GEAは連続固形剤直打システムをインダストリ4.0により更に進化

(株) ユーロテクノ

GEAはインダストリ4.0を利用した固形剤連続直打システムを開発、MSD,GSK,AZ社と共同で発表した技術の紹介を行います

日時 7月15日 (金) 12:30 ~ 13:00
会場 1
これまでの概念を覆すCytek社フローサイトメーターのご紹介

ワケンビーテック (株)

従来型フローサイトメータとは設計思想が異なる当社装置について実験における様々なメリットを本セミナーにて紹介いたします。

日時 7月15日 (金) 12:30 ~ 13:00
会場 3
細胞整列デバイスSIEVEWELL、生体模倣チップFluid3D-Xの紹介

東京応化工業 (株)

シングルセルサイズのウェルアレイフィルターを持つ細胞整列デバイスSIEVEWELL及び生体模倣チップFluid3D-Xを紹介します。

日時 7月15日 (金) 12:30 ~ 13:00
会場 4
メンブレンクロマトグラフィーによるバイオ医薬品精製の提案

スリーエムジャパン (株)

3Mのメンブレンクロマトグラフィー「3M™ ポリッシャー ST」は、製造工程数を削減し、回収率向上とコストダウンを提案します。

日時 7月15日 (金) 13:20 ~ 13:50
会場 4
次世代型乳化機REiMIXの紹介

(株) パウレック

PAT技術の応用、せん断力のコントロールなどのREiMIXを使用した乳化・分散の新しいアプリケーション事例を提供いたします。

日時 7月15日 (金) 13:20 ~ 14:20
会場 2
開発から製造まで、Cytiva新製品によるソリューション提案

Cytiva(サイティバ)

アップストリームからダウンストリームまで、本年発売開始予定のバイオ医薬品製造プロセス関連の新製品を紹介します

日時 7月15日 (金) 13:20 ~ 14:20
会場 3
製薬業界における脱炭素の最新状況とBASFの取組みのご紹介

BASFジャパン (株)

近年注目の高まる「企業の脱炭素」に関して、国内外の製薬業界での最新状況とBASFの先進的な取り組みをご紹介します。

日時 7月15日 (金) 14:10 ~ 14:40
会場 4
分離効率を革新するシングルユース細胞分離システムのご紹介

アルファ・ラバル (株)

培養液精製工程の収率向上に貢献する世界初SU仕様ディスク型遠心分離機CultureOneの活用事例をご紹介します。

日時 7月15日 (金) 14:40 ~ 15:40
会場 2
最新・創薬モダリティ(細胞・遺伝子治療・プラスミド・mRNA)CDMOサービス
日時 7月15日 (金) 14:40 ~ 15:40
会場 3
FT-NIR近赤外分析計による製造工程の連続モニタリング

ブルカージャパン (株)

PATツールとして実績のある近赤外分析計の製薬、化学、食品分野での活用例をご紹介。

日時 7月15日 (金) 15:00 ~ 15:30
会場 4
フローイメージング顕微鏡 FlowCamのご紹介

横河電機・横河ソリューションサービス

バイオ医薬品中のタンパク質凝集体を検出することができる、フローイメージング顕微鏡のFlowCamをご紹介します。

日時 7月15日 (金) 16:00 ~ 16:30
会場 1
偽造防止ソリューション

旭化成 (株)

超微細パターン製造技術とブロックチェーンを用いた偽造防止ソリューション(ACS)について

日時 7月15日 (金) 16:00 ~ 16:30
会場 3